名古屋伏見の広小路通メンタルクリニックの診療案内|うつ病 躁うつ病 不眠 パニック障害等の診断・治療

広小路通メンタルクリニック(精神科・心療内科)
tel:052-212-2500

名古屋市中区・伏見駅徒歩2分のメンタルクリニック

診療案内

うつ、パニック障害、不安障害、職場のメンタルヘルスなど、
“こころ”と“からだ”の不安な症状にお悩みの方、どうぞお気軽にご相談ください。

※診察の対象年齢は16歳以上とさせていただきます。

当院では専門医が主治医となって、ひとりのドクターが患者さまの診療にあたります。

うつ病

人は強いストレスを感じれば、気分が落ち込みます。
しかし、その憂うつな気分や無気力な状態が長く続いたり、だるさ・不眠・食欲不振・頭痛など、体の症状を伴ったりする場合は、うつ病の可能性があります。

うつ病について

双極性障害(躁うつ病)

気分の波、つまり、躁状態とうつ状態がみられ、人によっては、繰り返す場合もあります。

躁うつ病について

パニック障害

突然起こる動悸や冷や汗、呼吸困難、吐き気などにより、このまま死ぬのではないか?という、強い不安と恐怖感に襲われる病気です。20代、30代に多く、以前は、不安神経症や過呼吸症候群といわれていたこともあります。

予期不安があると、パニック発作を恐れると同時に、発作時に誰も助けてくれない状況を避けるようになり、乗り物に乗れなくなったり、外出できなくなったりします。

不安障害

人前で話したり、食べたり、初対面の人に挨拶するのが恥ずかしいなど、人目を浴びる行動への不安や他人に悪い評価を受けることに強い苦痛を感じ、赤面したり、震えたり、口が渇いたりするなどの身体症状が現れる病気をいいます。

多くの人は徐々に慣れますが、社交不安障害(SAD)の方は、恥ずかしいと感じる場面では、常に羞恥心や笑い者にされるのではという不安感を覚え、そうした場面に遭遇することへの恐怖心を抱えています。

適応障害

家庭、学校、職場など、自分の置かれている環境にうまくなじめず、抑うつ気分、不安感、不登校、職場不適応、出勤拒否、対人トラブルなど、さまざまな症状や問題が現れて、社会生活に支障をきたす疾患です。

うつ病に似ていますが、比較的、ストレス要因がハッキリしているといった特徴があります。

適応障害の一般的な症状
  • 眠れない
  • 体がだるい
  • 食欲がない
  • 吐き気
  • 下痢
  • 頭痛
  • 気分が落ち込む
  • 不安
  • イライラ
  • 焦る
  • 学校や職場に行けない など

不眠症

眠りたくても眠れない不眠症は、不眠からくる倦怠感や、日中耐え難い眠気が出て仕事や生活に支障をきたしたり、集中力や注意力の低下を招き、精神的、肉体的疲労をより増してしまうこともあります。

不眠症の一般的な症状
  • 寝つきが悪い
  • 夜中に目が覚める
  • 眠れるが朝早くに目が覚める
  • 寝た感じがしない
  • 寝たのに朝疲れが残っている、など

まず、取り除ける不眠の原因を除外した上で、必要であれば、睡眠薬による治療を行います。
睡眠が不十分であると、一日の疲れが取れず、精神的な病気や、体の病気につながる恐れがありますので、早めの対策が必要です。

発達障害、ADHD

当院は比較的早く発達障害やADHDなどの心理検査を受けていただきます(心理士が実施)

統合失調症

入院治療の必要のない統合失調症の方の治療を行っております。

アルコール依存症

入院の必要のないアルコール依存の方の、断酒・節酒の治療を行っております。

認知症

軽度から中等度の方の認知症の治療を行っております。

休職支援/復職支援

休職や復職に関するお手伝いをいたします。
診察の結果をうけて、休職したい場合や、症状に改善が見られた後の復職に関する支援を行っております。
休職・復職をお考えの方はまずはご相談ください。

主な症状